京都、なじみのカウンターで

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

京都、なじみのカウンターで

  • 太田 和彦【著】
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • 淡交社(2015/06発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月03日 19時16分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784473040282
  • NDC分類 673.9

内容説明

居酒屋のカウンターにはドラマがある。さすらいの居酒屋評論家・太田和彦が、京都の名居酒屋で出会った美酒、美味、美人を臨床感たっぷりに描いた14編の物語。

目次

神馬―文化遺産の風格
めなみ―三条小橋の白割烹着
祇園きたざと―祇園で一杯
赤垣屋―橋のたもとの名居酒屋
魚とお酒 ごとし―モダンな居心地と銘酒
先斗町 ますだ―狸と文化人
食堂おがわ―最も予約のとれない
小鍋屋いさきち―こころ温まる隠れ家
蛸八―二代目も男前
櫻バー―京都居酒屋の真の実力〔ほか〕

著者紹介

太田和彦[オオタカズヒコ]
グラフィックデザイナー・作家。1946年生まれ。資生堂アートディレクターを経て独立し、アマゾンデザインを設立。後に東北芸術工科大学教授も勤める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

数ある京都の居酒屋の中から居酒屋評論家・太田和彦氏が厳選した「名店」を叙情たっぷりにご紹介します。

〈居酒屋評論家・太田和彦が厳選した京都の居酒屋案内の決定版〉
〈おもしろうてやがて哀しき居酒屋の魅力あふれる物語〉

居酒屋評論家・太田和彦氏にとっても京都は特別な町。「太田センセ、京都の居酒屋ガイドの決定版を出しませんか?」「京都に出張できるの?」「はい」「行く行く、京都に行きたい」と、始まった取材。「この機会に新規開拓したいな」「そうですね」「この店知ってる?」「行ってみましょう」と、夜の京都をあちらこちら。それぞれ検討し、「やっぱり決定版となるとあそこは外せないな」「そうですね」ということで厳選したのが本書に掲載の名店。「これまで旅先で執筆したことはなかったけど、京都の町の空気を感じながら原稿を書くって大事だなぁ」と太田氏が言うとおり、なじみのカウンターから見た情景を生き生きと鮮やかに描いた決定版となりました。

【著者紹介】
居酒屋評論家・作家・デザイナー

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件