現代語でさらりと読む茶の古典<br> 茶経・喫茶養生記・茶録・茶具図賛―現代語でさらりと読む茶の古典

個数:

現代語でさらりと読む茶の古典
茶経・喫茶養生記・茶録・茶具図賛―現代語でさらりと読む茶の古典

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 255p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784473038678
  • NDC分類 791
  • Cコード C0076

内容説明

『茶経』は人類最古の、『喫茶養生記』は我が国最初の茶書としてつとに知られている。しかし、『喫茶養生記』が伝える茶法は、いまだ南宋時代の中国における飲み方である。この2冊に、北宋の『茶録』、南宋の『茶具図賛』を加えると、唐から宋にかけての茶の実態を知ることができる。のちに続く日本の茶文化を考えるうえで必読の4冊。

目次

茶経―現代語訳
茶録―現代語訳
喫茶養生記―現代語訳
茶具図賛―現代語訳

著者紹介

高橋忠彦[タカハシタダヒコ]
1952年、神奈川県生まれ。東京大学文学部卒業、同大学院人文科学研究科修士課程修了。現在、東京学芸大学教育学部教授。専門は中国文化史・中国喫茶史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

漢文で書かれた中国と日本の最古の茶書をさらりと現代語で読み、茶文化のルーツを頭に入れておきましょう。

〈さらりと読んで、茶文化のルーツを知る〉
〈中国の茶を語る4冊〉

中国唐時代に陸羽が書いた『茶経』、鎌倉時代に禅僧栄西が著し将軍源実朝に献じた『喫茶養生記』のほか、中国の『茶録』『茶具図賛』は、中日最初期の茶書として知られています。いずれも時代が古く、原典の漢文を読み解くのは至難の業ですが、本書ならいともたやすく読むことができます。どんなことが書いてあるのか、知っておくべき、茶をまなぶ人たち必読の書です。

【著者紹介】
東京学芸大学教授