いにしへの香り―古典にみる「にほひ」の世界

個数:
  • ポイントキャンペーン

いにしへの香り―古典にみる「にほひ」の世界

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月04日 15時11分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784473038166
  • NDC分類 910.2

内容説明

『古事記』『日本書紀』『万葉集』などの古典文学に漂う香り・匂いを読み解く。

目次

序文 香りが道になるまで―『いにしへの香り』上梓にあたって
はじめに 古代日本人の香りへの思い
第1章 「にほふ」と「かをる」
第2章 『古事記』の香り―屎尿より生まれた神
第3章 『風土記』の香り―地名は匂ふ
第4章 『日本書紀』の香り―香木の煙上る淡路島
第5章 『懐風藻』の香り―漢詩に閉じ込められた薫風
第6章 『万葉集』の香り―咲き匂ふ花たちばな
第7章 『続日本紀』の香り―梅を詠い、菖蒲を被く

著者紹介

樋口百合子[ヒグチユリコ]
大阪府生まれ。奈良女子大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。現在、奈良女子大学古代学学術研究センター協力研究員。武庫川女子大学非常勤講師。香道志野流に入門以来、二十世家元・蜂谷宗玄宗匠の指導を受ける。冷泉家歌会「玉の緒会」創設時に入門、中断を経て平成12年に再入会。平成18年「平成の歌会」において産経新聞社賞、同19年同大賞を受賞。香道・歌道での名は、久禮(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

古典文学に記される「香り」について考察し、古代日本人の「匂い」に対する想いを解明。

古代の日本人は「香り」に鈍感であったというのが定説として流布しています。しかし、中世に至り「香道」という芸道をつくりあげるほど、「香」に執着した日本人が本当にそうであったのかと疑問を持った著者が、『古事記』『風土記』『日本書紀』『懐風藻』『万葉集』『続日本紀』などの古典文学に記される「香り」について考察し、その真相を解明します。

【著者紹介】
武庫川女子大学非常勤講師