市電の走る風景―京都写真館

個数:

市電の走る風景―京都写真館

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 127p/高さ 19X22cm
  • 商品コード 9784473037954
  • NDC分類 686.9

内容説明

さよなら京都市電から三十数年の時を経て。

目次

写真
追想
記念乗車券・路線図・系統表・あゆみ

著者紹介

品川文男[シナガワフミオ]
大正11年(1922)、京都市下京区生まれ。立命館大学卒業。戦中・学徒出陣で海軍(海上護衛作戦)に従軍。新聞社、広告会社、業界紙を経て定年退職後は平成7年12月まで「広文社」を自営。その間、写真集などを自費出版。『歳月の詩』が第一回全京都自費出版コンクール入賞。平成21年に87歳で死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「京都写真館」シリーズ第三弾。なつかしの市電の走る風景。

日本で初めて走った路面電車から、京都の町並みを走り続けた市電。全盛期の昭和38年には一日60万6千人の乗客を数え、市民の足として親しまれましたがモータリゼーションの波に押し流されて昭和53年9月末をもって姿を消しました。週末のたびに市電の写真を撮り続けた著者が平成11年に製作した『回想のアルバム――京都市電』を再編集し、昭和33年から昭和53年までの京都市電の走る風景を紹介する写真集です。

【著者紹介】
市電愛好家