東京屋上散歩

個数:

東京屋上散歩

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784473037923
  • NDC分類 748
  • Cコード C0072

内容説明

地上からは決してうかがい知ることのできない東京ならではの魅力がひそむ場所。それはまるで秘密の花園のようにひっそりと、そこにある…。じつにさまざまな表情があり、今も変貌しつづけている東京の屋上。

目次

写真集 東京屋上散歩
エッセイ(屋上へ行こう;妄想と現実と;屋上の掟)

著者等紹介

鷹野晃[タカノアキラ]
1960年、札幌生まれ。86年、写真家高橋昇氏の助手を経てフリーカメラマンとして独立。95年、写真展『東京の屋上』をミノルタフォトスペース新宿にて開催。主に人物ポートレート、旅の撮影を、雑誌や企業PR誌などを中心に活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

現在と20年前の、屋上という異空間の魅力を紹介する写真集。東京スカイツリーに関心の高まるなか、高い所に上ってみたくなる。

フリーカメラマンとして活動する鷹野晃氏の写真集。1987~95年に撮影を開始、約20年をへて、2010年に再度おなじテーマに挑みました。現在の東京の屋上がいかに快適な空間としての機能を追求しているか、昔の屋上がいかに個人的な不思議に満ちていたか、など時代の変化も読み解け、写真家個人の表現の域にとどまらないテーマを展開します。東京スカイツリーの開業にも時期をあわせ、屋上の景観を堪能できる写真集です。

【著者紹介】
写真家