現代語でさらりと読む茶の古典<br> 源流茶話

個数:

現代語でさらりと読む茶の古典
源流茶話

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年03月28日 09時40分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 215p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784473037862
  • NDC分類 791

内容説明

茶道大成の源流は利休にある。にもかかわらず、支流・枝流がふえ茶道が乱れている時流を憂えた江戸時代中期の茶人藪内竹心(茶道藪内家五代)が記した書。「茶道の源流」について、茶の歴史、茶道具、茶席、点前や作法などに分け、初心者が問い、竹心が答えるという形式を用いて、わかりやすく説いている。茶道をまなぶ基本テキストとして、現代にもじゅうぶん通じる一冊。

著者紹介

岩田明子[イワタアキコ]
1965年、神奈川県生まれ。宝塚大学大学院博士後期課程修了。博士(芸術学)。宝塚大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

藪内竹心が問答体、いまでいうQ&Aのスタイルで、初心者に茶の湯の源流すなわち利休の茶についてわかりやすく解説した古典の一冊。

『源流茶話』は江戸時代前期の茶人・藪内竹心が、「初心の人にその拠るべき茶道の本源ないし本則を知らせるため」に問答体、いまでいうQ&Aのスタイルで書き起こした三巻書です。竹心がいう源流とは、すなわち「利休の茶」であり、これまで4冊を費やして近づき、向き合ってきた「利休の茶」の総まとめをするにふさわしい1冊といえましょう。

【著者紹介】
宝塚大学非常勤講師