かんたん金つくろいブック―こわれた器を手軽に直す方法、おしえます。

個数:
  • ポイントキャンペーン

かんたん金つくろいブック―こわれた器を手軽に直す方法、おしえます。

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2016年12月10日 00時32分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 77p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784473036940
  • NDC分類 752

内容説明

実作業30分。「捨てちゃうはず」だった器が見ちがえる!不器用さん、面倒臭がり屋さんもOKの、陶磁器・漆器の簡単修繕ノウハウ。

目次

1 自分で出来るお手軽金つくろい(破損状況別にみる修繕のしかた;パート1で使用する主な材料・道具一覧;基礎編その1 真ちゅうを使った、単純な割れのつくろい;基礎編その2 真ちゅうを使った、複数の割れのつくろい;基礎編その3 真ちゅうを使った、急須の口のつくろい ほか)
2 本漆を使った、プロの手がける本格金つくろい(パート2で使用する主な材料・道具一覧;麦漆のつくりかた;本格つくろいその1 陶器の割れを直す;本格つくろいその2 「にゅう」をつくろう;本格つくろいその3 漆器の修繕 ほか)

著者紹介

大野雅司[オオノマサシ]
1942年、東京生まれ。80年より、日本橋茅場町のてんぷら料理店「みかわ」の番頭をつとめる。故浅野陽氏をはじめとする多くの工芸作家との交流からヒントを得て、店で使っているもてなしの器を独学で修理しながら、材料と技術の試行錯誤のうえに、やさしい金つくろいの手法を新たに考え出した。93年から、銀座のギャラリー「工芸いま」で金つくろい教室の講師をつとめる

野上忠男[ノガミタダオ]
1943年、東京生まれ。塗師の家に生まれて、故黒田辰秋・増村益城の影響を受け、伝統工芸の道を歩む。乾漆を専門に、日本伝統漆芸展・伝統工芸新作展・淡交ビエンナーレ茶道美術公募展など、入選多数。渋谷区笹塚の工房で漆芸・繕い教室を開催。漆器・茶道具の制作、漆を使った修復のほか、教室では漆芸の技術全般に加えて鎌倉彫の指導などを行っている。日本文化財漆協会常任理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)