雪月花の日々―京都暮らし春夏秋冬

個数:

雪月花の日々―京都暮らし春夏秋冬

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月24日 07時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784473036803
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0072

内容説明

染織家志村ふくみ・洋子母子の書き下ろし随筆と写真家中田昭による、雪月花の世界。京都の日々の生活から紡ぎ出される自然美への慈しみと歴史への思い。

目次

雪月花の訪れ(志村ふくみ)
冬新春



雪月花へ願う(志村洋子)
撮影ノート
京都の記憶(中田昭)

著者紹介

志村ふくみ[シムラフクミ]
1924年、滋賀県生まれ。染織家。随筆家。三十一歳の時、母の指導で植物染料と紬糸による織物をはじめる。黒田辰秋に師事、富本憲吉らに学ぶ。1958年日本伝統工芸展で奨励賞を受賞。1990年、重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受け、1995年、文化功労者に選ばれる

志村洋子[シムラヨウコ]
1949年、東京都生まれ。染織家。三十代から染織の世界に入る。1989年、母・志村ふくみとともに「都織工房」を設立。現在、京都・嵯峨嵐山の工房で、母とともに製作を続け、定期的に作品展を開催

中田昭[ナカタアキラ]
1951年、京都府生まれ。写真家。芳賀日出男氏に師事。日本写真家協会、日本写真芸術学会会員。風景・祭を中心に広く「京文化」の撮影を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)