京都・東京 甘い架け橋―お菓子で綴る12か月の往復書簡

個数:
  • ポイントキャンペーン

京都・東京 甘い架け橋―お菓子で綴る12か月の往復書簡

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月10日 02時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 127p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784473036292
  • NDC分類 588.3

内容説明

京都の喫茶店六曜社で出会ったふたり。大好きなお菓子を贈る楽しみ、届く嬉しさ。離れ離れの日常が甘いお菓子でつながる。見て楽しい、食べておいしい、大切な人へ贈るこだわりのお菓子。

目次

春を告げるお菓子(京都から「おひな寿司」井津美屋;東京から「白鷺宝詰合せ」菓匠花見 ほか)
夏を行き交うお菓子(京都から「ほたる餅」じょうきや;東京から「マカロン」ミュゼドゥショコラテオブロマ ほか)
秋をわかつお菓子(京都から「弓張月・花芒」亀廣保;東京から「あん入り元祖玉兎」糸屋/「月の雫」風月堂 ほか)
冬をいろどるお菓子(京都から「子供の夢(雪晴れ)」長久堂
東京から「アイスデコレ」近江屋洋菓子店 ほか)

著者紹介

甲斐みのり[カイミノリ]
文筆家。1976年静岡県生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒業。1999年、「叙情あるものつくり」と「女性の永遠の憧れ」をテーマに雑貨ブランドLoule(ロル)を京都で立ち上げる。現在は東京で雑誌や書籍への執筆、商品やイベントの企画・監修などを行う

奥野美穂子[オクノミホコ]
京都の喫茶店、六曜社地下店のウエイトレス。1951年佐賀県生まれ。高校を卒業後、京都・東京・神戸と、主に喫茶店で働く。結婚をきっかけに六曜社へ。朝はお菓子を作り、午後から店に立つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)