名物茶入の物語―伝来がわかる、歴史がみえる

個数:
  • ポイントキャンペーン

名物茶入の物語―伝来がわかる、歴史がみえる

  • 矢野 環【著】
  • 価格 ¥2,376(本体¥2,200)
  • 淡交社(2008/12発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 44pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 13時16分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784473035400
  • NDC分類 791.5

内容説明

「本能寺の変」で被災ののち、名工により修復された。恩賞として、一国一城に値するほど尊ばれた。その銘には、知られざる意味が込められていた…。信長・秀吉・利休ら、あまたの時代の寵児たちに愛された「名物茶入」。文献解析のスペシャリストが、重要史料を徹底分析、その知られざる姿と波瀾万丈の運命にせまる。茶入20点の実寸大カラー図版を収録。

目次

無事これ貴人「初花肩衝」
古来第一の茶入「新田肩衝」
天下無双の瓢箪茶入「上杉瓢箪」
千利休がデビューさせた「利休尻膨」
武野紹鴎「茄子」競べ
奈良・松屋一族の宝もの「松屋肩衝」
不昧公の掌中の珠「油屋肩衝」
転生を繰り返す「つくも茄子」
本能寺の変、明暦大火を生き延びた「勢高肩衝」
文琳の古様を伝える「博多文琳」
すがた美しき「富士茄子」
唐物肩衝茶入の標準を示す「北野肩衝」
旅の途中で贈られた「吹上文琳」
瀬戸肩衝の名品「在中庵」
名月を水面に映す「広沢」
「相坂丸壷」をめぐる歌の真意は
能の詞章から名付けられた「染色」
仁青京焼の粋「鷲の山」

著者紹介

矢野環[ヤノタマキ]
1949年京都生まれ。京都大学大学院理学研究科数学専攻博士課程修了。理学博士。埼玉大学理学部教授を経て、同志社大学教授(文化情報学部)。専門は文化系統学、数理文献学、伝統文化論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

時代の寵児達に愛された珠玉の茶入の逸品20点を、典拠を明らかにしつつ解説。名品の伝来にまつわる物語を知ることができる1冊。