南方録の行方

個数:

南方録の行方

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年01月18日 15時08分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 297p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784473034335
  • NDC分類 791

内容説明

利休伝書「南方録」に茶湯の真の姿をもとめて。利休侘茶の精神にせまる名現代語訳で、テーマ別に読み解く画期的な構成。南坊流茶道伝書も初翻刻。

目次

現代語訳 南方録(『南方録』の周辺;書院と草庵;草庵と露地;茶の湯の点前;利休の茶会;茶会の風趣;茶の湯と和歌;茶の湯と禅;師の紹鴎;千利休;南坊宗啓)
翻刻 南派茶傳集
黒田如水 茶の湯定書

著者紹介

戸田勝久[トダカツヒサ]
昭和7年12月、東京日本橋、戸田即日庵に生まれる。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院修了。茶名宗安。裏千家今日庵業躰。創造学園大学教授、宝塚造形芸術大学大学院講師。茶の湯文化学会前副会長。第四回茶道文化学術賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)