吉田蓑助と山川静夫 花舞台へ帰ってきた。―脳卒中・闘病・リハビリ・復帰の記録

個数:
  • ポイントキャンペーン

吉田蓑助と山川静夫 花舞台へ帰ってきた。―脳卒中・闘病・リハビリ・復帰の記録

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月04日 15時15分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784473033789
  • NDC分類 916

内容説明

脳卒中からの復活。時同じくして倒れたふたりの汗と涙の復活劇。

目次

1章 ふたりの闘い(簑助の試練;山川、三度も倒れる;復活の共演)
2章 リハビリ交信(平成十四年―リハビリ中の文通;平成十八年―今日から明日へ)
3章 わが師わが友―この日々、この人あればこそ(吉田助のわが師わが友;山川静夫のわが師わが友)

著者紹介

吉田簑助[ヨシダミノスケ]
昭和8年大阪市生まれ、本名平尾勝義。吉田文五郎に入門、昭和17年桐竹紋二郎を名乗る。23年桐竹紋十郎門下となる。36年三代目吉田簑助を襲名、平成6年重要無形文化財保持者(人間国宝)認定、8年紫綬褒章受章、9年日本芸術院賞受賞。10年11月脳出血で倒れるも、11年7月から舞台へ復帰。当代一の立女方人形遣いとして艶やかさ、可憐さなど他の追随を許さぬ人形表現で観客を魅了している。故吉田玉男との舞台は、かずかずの名舞台をつくりあげてきた。18年フランス政府より文学芸術功労章勲一等のコマンドールを受章

山川静夫[ヤマカワシズオ]
昭和8年静岡市生まれ。昭和31年NHKアナウンサーとして入局。NHK特別主幹を経て、平成6年よりフリー。12年1月の脳梗塞にはじまり、心不全、腸閉塞に倒れるも奇跡的に回復し、現在はエッセイストとして執筆・講演活動のほかBS『山川静夫の新・華麗なる招待席』の司会をつとめるなど多岐にわたって活躍中。『名手名言』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)