よくわかる伝統文化の歴史<br> 文明開化の日本改造―明治・大正時代

個数:
  • ポイントキャンペーン

よくわかる伝統文化の歴史
文明開化の日本改造―明治・大正時代

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月11日 13時13分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 111p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784473033475
  • NDC分類 210.6

内容説明

ちょんまげ切ってお肉食べて、富国強兵・殖産興業。四民に教育をして早く外国に追いつこう。古いものは「伝統文化」にしてしまおう。でも、それでいいのか日本人。

目次

第1章 近代文化の受容(維新の京都で祇園祭再興;上野の森に博物館誕生!;食文化の西洋化―牛鍋からあんパンまで;西洋音楽の導入と伝統芸能;子どもの文化―紙芝居と絵本)
第2章 茶の湯の新時代(茶の湯の新たな旅立ち;近代数寄者のリーダー―益田鈍翁;茶の湯コーディネーター―高橋箒庵;茶の湯の伝道者―岡倉天心;伝統文化としての茶の湯)
第3章 学校教育と伝統文化(明治維新の教育改革;「学制」下の職人教育;産業を育成する学校;工芸教育をめぐる美術と工業の分岐点;女子教育の普及と生活文化)
第4章 世界と交流する美術工芸(世界から評価された日本―万国博覧会と工芸;近代絵画への模索―日本画と洋画;逆輸入されジャポニスム―光琳の再生;再発見される生活文化―震災と都市化;近代国家と美術―アイデンティティの悩み)
シリーズの最後に 伝統文化とはなんでしょう。

著者紹介

中村修也[ナカムラシュウヤ]
1959年和歌山県生まれ。筑波大学大学院博士課程単位取得修了。博士(文学)。京都市歴史資料館勤務を経て、文教大学教育学部に勤務。同大学教授。専門は日本茶道史・古代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)