• ポイントキャンペーン

光琳デザイン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 221p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784473031983
  • NDC分類 721.5
  • Cコード C0072

出版社内容情報

科学調査で話題を呼んだ国宝「紅白梅図」を所蔵するMOA美術館が「光琳デザイン」展に関連して出版。光琳の生み出した約100点の作品を鑑賞しながら、その流れを追う。

内容説明

琳派芸術を大成した画家として知られる尾形光琳(1658~1716)は、陶芸、蒔絵、染織の工芸分野にも大きな足跡を残した。光琳によって生み出された絵画様式や意匠図案は、江戸時代を通じて人気を博し光琳の弟子たちによって継承され、また工芸意匠としても重用された。本書は、現代にも通じる斬新な光琳の意匠性とその受容の様相を、「光琳デザイン」という新しい視点で通覧する。

目次

序 光琳デザインの展開
図版(光琳;乾山;光琳画風の展開;光琳意匠の再興)
論考(光琳の絵の位相―燕子花のモティーフをめぐって;乾山焼の創造へのアプローチ;光琳模様の流行と背景;京焼における乾山・光琳意匠の継承と復興;『光琳百図』について)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Koki Miyachi

7
尾形光琳によって生み出された絵画様式や意匠図案が絵画、陶器、漆芸、染織の諸分野への展開を展望することを目的とした書。MOA美術館刊。2015/02/07

月見里

1
ありがとう図書館。好きなんですが、画集はお高くてめったに手が出ません…。2009/07/18

tnk

0
「不要な背景を排除し、主題を抜き取る。さらにはそれによって形が決められていく。この手法は乾山の創作の上で画期的であり、かつ重要な手法となった。」2018/12/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/213675

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。