知の蔵書21
明治生まれの日本語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784473019097
  • NDC分類 810.2
  • Cコード C0081

内容説明

本書は、現代の日常語のなかから、明治時代に生まれたことばの造語過程を、膨大な文献の用例から立証していく。従来、伝承的に語られてきたこの分野に“辞典の泰斗”がするどく切り込んだ一冊。

目次

第1章 文明開化が生んだ日本語(東京;電報;年賀状 ほか)
第2章 新しい家族をつくった日本語(彼女;印象;恋愛 ほか)
第3章 庶民の造語、知識人の造語(ちゃう;ぽち;より… ほか)

著者等紹介

飛田良文[ヒダヨシフミ]
1933年生まれ。東北大学大学院博士課程修了。博士(文学)。現在、国際基督教大学大学院比較文化研究科教授、国立国語研究所名誉所員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

今日当たり前に口にしている言葉のうち、明治時代に生まれたことが明らかなものの造語過程を、“辞典の泰斗”飛田氏が膨大な文例をひいて跡づけていく。