高等教育シリーズ<br> 今に生きる学生時代の学びとは―卒業生調査にみる大学教育の効果

個数:

高等教育シリーズ
今に生きる学生時代の学びとは―卒業生調査にみる大学教育の効果

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月14日 20時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 336p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784472406300
  • NDC分類 377
  • Cコード C3037

目次

1 卒業生の言葉と数字を組み立てる―データ蘇生学の実演(Introduction 卒業生調査による教育効果の見える化;学生時代の学びが今に生かされる五つのルートと反省―卒業生の言葉を組み立てる;数字でみる五つの学びルート―言葉を数字で検証しつつ、言葉と数字の相補関係を考える;どのような学び方が学習成果を高めるか―数字を組み立てながら言葉を紡ぐ1;在学中の学びが職業キャリアを豊かにする―数字を組み立てながら言葉を紡ぐ2;卒業生による授業改善の提案―統計分析による言葉の組み立て法)
2 ある社会工学者の50年と大学改革(社会工学からみた教育経済学;生涯研究の時代;O.R.T.で学んだ社会工学;Conclusion データ蘇生学序説)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぽん

1
読んでいる途中で『生活時間の社会学』か!と気づく。思わぬところでつながっているものだ/分析は手法についての説明も含めて丁寧。所得と満足度の規定要因の違いなど、細かく見ていくと違いはあるってことなんだろうが、なかなかビビッドに大学教育の効果を語るのは難しいのだとむしろ感じてしまった/なぜ大学の収益率が高いのかという疑問、それに対するベッカーの論文などなるほどと思った/単に研究成果の発表だけでなく、KJ法や社会工学への思い入れなど、研究に対する思いも語られており、著者の顔が見える本という感じだった2023/10/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21348972
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。