高等教育シリーズ<br> 日本のゼミナール教育―人文・社会科学領域等の学士課程教育における学習共同体の姿

個数:

高等教育シリーズ
日本のゼミナール教育―人文・社会科学領域等の学士課程教育における学習共同体の姿

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年03月01日 23時39分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 316p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784472406188
  • NDC分類 377.15
  • Cコード C3037

出版社内容情報

古くから重要視されながらも、あまり実態が把握されてこなかった日本のゼミナール教育の特徴を多様な角度から分析。歴史的経緯、現状と課題、さらに学生の学びの様子と社会とのつながり等、歴史的・量的・質的研究アプローチを用いて明らかにする。ゼミのイメージを具体化し、今後のより良い実践へつなげることを目指す。

目次

なぜゼミナール教育に注目するのか
第1部 ゼミナール教育の発展過程(戦前期のゼミナール教育;戦後期のゼミナール教育)
第2部 ゼミナール教育の現状と課題(教員視点で捉えるゼミナール教育;学生視点で捉えるゼミナール教育)
第3部 ゼミナール教育のエスノグラフィー(エスノグラフィーの方法論と対象;専門ゼミナールへの導入過程;困難な課題への挑戦 ほか)
ゼミナール教育の過去・現在・未来
資料編

著者等紹介

西野毅朗[ニシノタケロウ]
京都橘大学経営学部および教育開発・学習支援室専任講師。2010年同志社大学政策学部卒業。2016年同志社大学大学院社会学研究科教育文化学専攻博士後期課程修了。博士(教育文化学)。高等教育、高等教育開発を専門とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。