紙絵遊びの文化 ピープショーのぞきからくり

個数:

紙絵遊びの文化 ピープショーのぞきからくり

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月02日 18時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 144p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784472405723
  • NDC分類 759
  • Cコード C0071

内容説明

ピープショーとは、遠近法による一種のだまし絵とのぞき穴の絞り効果を利用した紙絵の玩具のこと。小さな穴から平面絵のレイヤーをのぞくと、思いがけない奥行きが楽しめる。かつて西洋でさかんに作られたこの「アナログ3D」に一目惚れし、オリジナル作品を制作、研究する著者が、ピープショーのしくみと歴史、不思議な魅力とこれからの可能性を作り手の目線で紹介する。

目次

第1章 ピープショーについて
第2章 ピープショーのしくみ
第3章 ピープショーの歴史
第4章 アナログ3D、立体視への情熱
第5章 日本における立体視 映像と物語性
第6章 しかけ絵本やアートブックのピープショー
第7章 現代の「ピープショー」のバリエーション
第8章 紙絵を立てる紙製品
第9章 ピープショーとアート
第10章 ピープショーのこれから

著者等紹介

吉田稔美[ヨシダトシミ]
絵本作家、イラストレーター。兵庫県西脇市に生まれる。大阪芸術大学芸術学部デザイン学科卒。1999年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展入選。2000年ボローニャ2000ブルーノ・ムナーリに捧げられたミレニアム展入選。2004年ユゼフ・ヴィルコン記念大分国際絵本ビエンナーレ優秀賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

保山ひャン

0
第1章 ピープショーについて、第2章 ピープショーのしくみ、第3章 ピープショーの歴史、第4章 アナログ3D、立体視への情熱、第5章 日本における立体視 映像と物語性、第6章 しかけ絵本やアートブックのピープショー、第7章 現代の「ピープショー」のバリエーション、第8章 紙絵を立てる紙製品、第9章 ピープショーとアート、第10章 ピープショーのこれから。高山宏による帯文もあり、叢書メラヴィリアから出ていてもおかしくないような目と脳のアクロバットを楽しく解説してくれている。時代へのメッセージも共感。2021/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16552198
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。