世界のむかしのおはなし<br> ノウサギの家にいるのはだれだ?―ケニア マサイにつたわるおはなし

個数:

世界のむかしのおはなし
ノウサギの家にいるのはだれだ?―ケニア マサイにつたわるおはなし

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 22時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 32p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784472060113
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

出版社内容情報

ノウサギの家があるとき「強くて勇敢な戦士」に乗っ取られてしまいました。困ったノウサギは、仲間のジャッカルやヒョウらに家を取り戻してほしいと頼みますが、みな怖気づいて逃げてしまい…。そこに一匹のカエルが現れ、大活躍。「強そうな」正体がわかってみんなで大笑い。マサイに伝わる昔話を日本画の繊細な色彩で描いた絵本。

内容説明

ノウサギの家が「つよくてゆうかんな戦士」にのっとられてしまいました。こまったノウサギはなかまのどうぶつたちにたのんで家をとりもどしてもらおうとしますが…。マサイの人たちにつたわる楽しい昔話を日本画の技法を用いた美しい色彩で描いた絵本。

著者等紹介

さくまゆみこ[サクマユミコ]
翻訳家。アフリカ子どもの本プロジェクト代表。JBBY会長。著書のほか、訳書は絵本からYA小説まで約250点。アフリカ関係の訳書も多い

斎藤隆夫[サイトウタカオ]
1952年、埼玉県生まれ。太平洋美術学校版画科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒラP@ehon.gohon

15
小さな青虫の大言壮語に惑わされて、動物たちはすっかり怖気づいて、家に近づけません。 家の中の青虫は得意満面です。 事実を知ってる読者としては、動物たちの愚かさに笑ってしまいますが、皮肉を込めた寓話に教えられました。2022/07/23

おはなし会 芽ぶっく 

11
世界のむかしのおはなしシリーズ。マサイの昔話。『ウサギのいえにいるのはだれだ?』 https://bookmeter.com/books/584561 と同じお話。『きつねとうさぎ』 https://bookmeter.com/books/7212 は類話。こちらはロシアのおはなしですが、世界で同じようなおはなしが伝わっているのは面白いですね。2022/07/30

ちみたんママ

5
〈息子喰いつき度〉★★★☆☆〈私気に入り度〉★★★☆☆ 「同じパターンの繰り返し」に「犯人が強気の青虫」っていう意外性がマッチして、中盤までは6歳息子ともども盛り上がりました。ただラストがアッサリしすぎて…もったいない! もうヒトヒネリ欲しかったなあ。2022/07/07

遠い日

5
ケニア マサイに伝わるお話。訳者のさくまゆみこさんのあとがきにもあるように、類話を読んだことがあるのですが、その本を思い出せません。ことばというものは恐ろしいものだ。発すれば、人を怖がらせもできるし、遠ざけることもできる。ただし、ことばは巡り巡って必ず自分に返ってくる。ついた嘘はなぜか自分を攻撃するようになっている。2022/06/15

たくさん

1
虚勢を張るってありがちだけれど、青虫みたいな小さいものなら声が体重に比例して細いものになるはずだしなんというか納得がいきにくいけど、強い弱いを確認せずともとりあえずリスクを避けて逃げるのはある意味賢いかなあという気もしました。 2022/07/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19369136
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。