未来への記憶<br> あしたの動物園―熊本市動植物園のおはなし

個数:

未来への記憶
あしたの動物園―熊本市動植物園のおはなし

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月02日 20時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4変判/ページ数 34p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784472059940
  • NDC分類 E
  • Cコード C8700

出版社内容情報

2016年4月、熊本をおそった大地震。動物園も大きな被害をうけ、休園となってしまいます。そのとき飼育員のセイさんの頭にうかんできたのは、ある光景でした……。動物園の復活までの日々をひとりの飼育員の目をとおして描きながら、いまある命、そして未来の命を守る大切さを伝えます。「未来への記憶」シリーズ第4弾。

内容説明

とつぜんおそってきた大地震。動物たちの命をまもらなくては。わたしたちはともに生きていくのだから。熊本市動植物園で飼育されている動物のうち、46種類をイラスト(見返し)で紹介しています。

著者等紹介

野坂悦子[ノザカエツコ]
東京都生まれ。5年間ヨーロッパで暮らした後、20年以上にわたりオランダの子どもの本と文化の紹介に力を注いでいる。『おじいちゃん わすれないよ』(金の星社、産経児童出版文化賞大賞)、『どんぐり喰い』(福音館書店、日本翻訳家協会翻訳特別賞)をはじめ100点以上の訳書がある

いたやさとし[イタヤサトシ]
埼玉県生まれ。1999年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展入選を機に絵本や児童書の挿絵を中心に活動。動物を描くのが好きで、おもに鉛筆、パステル、水彩を使用、最近ではデジタルでも制作している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

☆よいこ

74
絵本。災害と動物園。2016年4月14日と16日に連続して震度7の地震がおこった熊本県。熊本動物園の話。「きみらはね、ほんとは自然のなかで生きる動物だ。ばってん、人間のなかでくらさにゃならん。ぼくらが、命を守っちゃるけん。そうせんと⋯おてんとさまに顔むけできん、のだよ」▽あとがきも良い。生き生きとした動物達の絵がとてもすてきです。2023/04/22

ぶんこ

46
熊本地震が起こった時、動物園ではどのような対処をしたか。ここで働くセイさんは、幼い時に古い動物園から新しい動物園へ引越しする動物たちの車列に遭遇。毎日のように動物園へ行き、ゾウやキリン、動物園の人たちとも仲良くなる。獣医師となって動物園で働く夢を叶える。セイさんは壊れてしまった動物園をなおし、動物たちが安心して暮らせるようにを第一に頑張りました。職員も被災者だったでしょう。本当に頭が下がります。ライオンのサンは避難先でお嫁さんゲット。赤ちゃんが3頭産まれました。素晴らしい。2023/04/10

ほんわか・かめ

19
熊本地震で被災した熊本市動植物園のお話。一度だけ行ったことがある。途中、戦時中のエピソード(猛獣たちを殺処分せざるをえなかった後悔)が挟まれたことで、人間の都合で連れてこられた動物たちだからこそ、人間の手によって守り抜く!という信念が感じられて良かった。震災による衝撃で食欲不振に陥った動物たち、水道管の破裂で水の供給が困難だったこと、近隣の動物園に動物たちを預かってもらったこと等を知ることができる。2023/05/04

うー

18
〈絵本〉熊本大地震で被災した動植物園のお話。あの時、阿蘇大橋や最高に力強くかっこいい熊本城の被害の大きさにショックをうけたが、そうだった。他にも甚大な被害が出ていたんだった。穏やかな絵と文章の中に、飼育員さん達の『動物園のみんなを守り抜く』という強い意志を感じ取れた。日本動物園水族館協会(JAZA)の存在を初めて知った。2023/05/20

江口 浩平@教育委員会

18
【絵本】図書館本。5歳と3歳の兄弟に読み聞かせ。(109冊目)熊本市動植物園が被災後にどのように復興していったかが描かれていた。九州の様々な動物園に一時的に預かってもらったり、移動動物園を実施したりしていたことを知り、最後にみんなが戻ってこれたことを知った時には長男は嬉しそうにしていた。読後に長男が「いい話やなあ」と一言。2023/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20450412
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。