マラソンを走る・見る・学ぶQ&A100

個数:

マラソンを走る・見る・学ぶQ&A100

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 226p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784469266481
  • NDC分類 782.3
  • Cコード C3075

出版社内容情報

マラソン愛好者やマスコミ関係者から著者に寄せられた質問100を8つの章に分けて科学的視点からわかりやすくQ&A方式で答える。

内容説明

野口みずきの記録の可能性は?ホノルルマラソンの完走率が高いのは?一流選手がマラソンを走ったときに足にかかる重さは?―100の疑問に科学的な視点からわかりやすく答える。

目次

1 マラソンへの誘い
2 近代マラソンが歩んできた道
3 マラソンの記録は例証からなる科学
4 マラソンの記録を決定する要因
5 マラソントレーニング
6 マラソンランナーの体型
7 レースに備えたコンディショニング
8 マラソンと気象条件

著者等紹介

山地啓司[ヤマジケイジ]
新潟医療福祉大学教授、富山大学名誉教授。1942年生まれ、香川県出身、東京教育大学(現筑波大学)体育学部卒、東京大学大学院教育学研究科満期中退(教育学博士)。箱根駅伝や国体等出場、拓殖大学駅伝部監督、日本陸上競技連盟科学委員や普及部長等歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ozapin

1
インターバルトレーニングを広めたがザトペックで。マラソンをオーソライズしたのは、近代五輪の父、クーベルタン男爵なのだという。2014/07/21

c坊

0
マラソンをする上で非常に興味深い考察がいっぱい。とてもいい勉強になりました。こんな本を読みたかったんです!2017/01/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/441737

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。