教養としてのスポーツ人類学

個数:

教養としてのスポーツ人類学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月25日 07時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 272p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784469265521
  • NDC分類 780.13
  • Cコード C3037

内容説明

本書は、スポーツに凝縮・刻印されている文化と社会を文化人類学の方法によって読み解いている。民族スポーツ、国際スポーツ、過去スポーツ、武道、舞踊、遊び、養生、癒し等々の行動と、それらに関わる身体を異文化理解と自文化理解の展望の下に分析している。

目次

1部 スポーツ人類学のエッセンス(スポーツ人類学のパースペクティブ;フィールドワーク;スポーツを描く方法論;スポーツの起源と伝播 ほか)
2部 スポーツ人類学のアンソロジー(終わらない創造・バリ島のケチャKecak Dance;イスラーム女性とスポーツ;舞踊する身体の文化 ほか)
3部 民族の生活とスポーツ(日本;中国・少数民族運動会;朝鮮半島 ほか)

著者紹介

寒川恒夫[ソウガワツネオ]
早稲田大学教授、学術博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)