スポーツ選手と指導者のための体力・運動能力測定法―トレーニング科学の活用テクニック

個数:

スポーツ選手と指導者のための体力・運動能力測定法―トレーニング科学の活用テクニック

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月18日 23時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 179p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784469265439
  • NDC分類 780.18
  • Cコード C3037

内容説明

21世紀に入って、スポーツ選手や指導者を取り巻く環境はどんどん変化していく。最近のスポーツ選手のトレーニングに関する多くの取り組みは、目を見張るものがある。トレーニングの目標を決め、対象に応じた計画を立て、実行する。トレーニングの効果を正確にとらえ、モニタリングしようとする測定装置は高度化、複雑化している。せっかく高価な測定器機があるのに、測定やその意義がわからないまま、使われることなく、また使われても利用者にとって意味のあるものになっていない場合も多い。そこで、本書ではスポーツ選手、指導者、さまざまな階層のスポーツ実施者に基本的な測定の意味や活用テクニックが理解できるように、わかりやすく解説している。

目次

第1部 身体のかたちを知る(形態計測・体脂肪量・骨密度)
第2部 身体の機能を知る(運動機能・運動生理・栄養)
第3部 身体の動きを知る(バイオメカニクス)
第4章 筋・感覚機能・心の動きを知る(筋機能、感覚、心理)
第5部 身体活動と環境の関係を知る(環境生理)
第6部 トレーニング計画を立てる(トレーニング学)

著者紹介

西薗秀嗣[ニシゾノヒデツグ]
鹿屋体育大学スポーツトレーニング教育研究センター教授