養護教諭成立史の研究―養護教諭とは何かを求めて

個数:
  • ポイントキャンペーン

養護教諭成立史の研究―養護教諭とは何かを求めて

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784469265309
  • NDC分類 374.9
  • Cコード C3037

内容説明

本書は、明治38年に初めて岐阜県下の2つの小学校に看護婦が雇い入れられてから、昭和16年に「養護訓導」が職制化されるまでの“養護教諭の成立史”である。「養護教諭」は当初、その存在意義が広く認められることはなく、いくつかの自治体が独自に雇用する形にすぎなかった。ようやく定着するに至っても、自治体の財政状況によっては廃止されたり、「半減案」や「巡回制構想」に脅かされたりしてきたが、学校看護婦自身の実践的努力と、それを熱烈に支援した学者、行政担当者、学校医の理論活動とが相俟って、社会的に承認され制度的確立が遂げられていったのである。その苦闘の過程は、史実として興味深いだけでなく、養護教諭という存在の意味を再認識するよい機会となる。

目次

プロローグ 「第一回大都市連合教育会」と山口正の「学校看護婦」構想
第1章 「一校一名専任駐在制」学校看護婦
第2章 「常勤助手」構想と「学校内治療」看護婦
第3章 山田永俊と岐阜県における学校看護婦
第4章 “学校衛生革新論”のなかの学校看護婦
第5章 学校衛生の“再興”とその教育論的基盤
第6章 日本赤十字社の学校看護婦派遣事業
第7章 大阪市学校衛生婦と“半減”問題
第8章 『衛生日誌』にみる学校看護婦
第9章 戦時体制下の『衛生日誌』と学校看護婦
第10章 「養護訓導」職制の成立
エピローグ 歴史に学び、未来を拓く

著者等紹介

近藤真庸[コンドウマサノブ]
岐阜大学地域科学部助教授(健康教育学)。1954年愛知県に生まれる。1977年東京教育大学体育学部健康教育学科卒業。1985年東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程(教育学)単位取得
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。