ベストプレイへのメンタルトレーニング―心理的競技能力の診断と強化 (改訂版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

ベストプレイへのメンタルトレーニング―心理的競技能力の診断と強化 (改訂版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月10日 07時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784469265286
  • NDC分類 780.14
  • Cコード C3075

内容説明

本書では、自分の心理的競技能力を診断・評価しながら、優れた面は伸ばし、不足している面を強化できるように、その手順や方法、具体的なメンタル強化法を詳しく紹介している。

目次

第1章 あなたの「心理的競技能力」を診断します
第2章 スポーツ選手に必要な「心理的競技能力」とは何か
第3章 「心理的競技能力」は、実力発揮度や競技成績にどう関係するか
第4章 「心理的競技能力」は、どのように強化するか
第5章 「向上心」を持ち、ベストプレイを高める
資料1 スポーツ選手(水泳選手)のイメージトレーニングの方法
資料2 わが国における「スポーツメンタルトレーニング指導士」の養成

著者等紹介

徳永幹雄[トクナガミキオ]
1939年2月12日福岡県生まれ。1961年広島大学教育学部体育科卒業。1962年九州大学教養部助手、講師、助教授。1987年九州大学健康科学センター教授、同センター長を経て、2002年定年退職、同名誉教授。現在、第一福祉大学教授。1978年医学博士号取得。1982年文部省在学研究員として米国イリノイ大学に留学。役職として日本スポーツ心理学会会長、九州スポーツ心理学会会長(前)、日本体育学会理事、九州体育・スポーツ学会会長。文部省コーチ・スポーツ指導員養成講習会講師、健康運動士養成講習会講師などを歴任。日本スポーツ心理学会認定「スポーツメンタルトレーニング指導士」。日本テニス協会ベテラン六十歳シングルスで、平成11年度二十三位、平成12年度三十五位、平成13年度三十八位
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。