荒れる子どもの心―しつけ・教育への提言

個数:

荒れる子どもの心―しつけ・教育への提言

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784469264760
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C3037

内容説明

最近、子どもたちの「心の荒れ」を象徴する事件が全国各地で起きている。特別な事として、見過ごすことができない状況である。「うちの子に限って」とか「うちの学校に限って」というのは、まったく通用しないのである。今まさに「心の教育」が叫ばれ、社会全体が真っ向から取り組んでいかなければいけない深刻な事態である。本書は、自らも高校時代に神経症を経験し、また娘がいじめにあった経験をもつ精神科医が、自身が主宰するカウンセリングルームを通して見えてきた現代の子どもたちの「心の問題」を分析し、その解決策を提言する。

目次

第1章 子どもの頃のしつけ
第2章 現代の高校生のとまどい
第3章 いくつかの事例
第4章 死生観の変化
第5章 「心の教育」の進め方
第6章 これからの「心の教育」への提言
第7章 家庭を考える
付章 対談・心の教育にどうかかわっていくか

著者紹介

土屋守[ツチヤマモル]
高校時代に神経症が原因で、中途退学した経験をもつ。現在、土屋医院院長として、おもに精神科疾患などの診療をおこなう一方、「京都心身・学習総合カウンセリングルーム」の主宰者として、学校・学習不適応などの治療や研究にあたっている

出版社内容情報

《内容》 自らも高校時代に神経症を体験し、また娘がいじめにあった経験をもつ精神科医が、自身が主宰するカウンセリングルームでの診療実践を通して見えてきた、現代の子どもたちの「心の問題」を分析し、その解決策を提言する。