住民投票とデモクラシー

個数:
  • ポイントキャンペーン

住民投票とデモクラシー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月28日 23時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 129p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434293351
  • NDC分類 318
  • Cコード C0031

内容説明

直接民主主義の“申し子”の住民投票は、今日の間接民主主義のもとで、政府(首長)・議会・政党の機能不全と政治の閉塞に対する、“頂点の一針”となる。住民投票の活用と法制化が日本の政治を変える!

目次

第1部 住民投票(住民投票条例の制定で原発を阻止;日本の住民投票;住民投票の法制化に向けて;世界の住民投票;アメリカとドイツの参考例;原発をめぐる国民投票)
第2部 デモクラシー(古代ギリシアの都市国家;中世ヨーロッパの自由都市;中世から近代のスイスの直接民主政と半直接民主政;直接民主政から代表民主政へ;代表民主政と市民革命;「デモクラシーの世紀」とレファレンダム)

著者等紹介

土井淑平[ドイヨシヒラ]
鳥取市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。政治思想専攻。元共同通信記者。市民活動家。四日市公害(1960年代)、川内原発建設反対運動(1970年代)、青谷原発立地阻止運動(1980年代)、人形峠周辺ウラン残土撤去運動(1980年代~2000年代)などに取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。