科学者たち58人の神観

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

科学者たち58人の神観

  • ウェブストアに17冊在庫がございます。(2021年05月07日 15時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 394p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434284649
  • NDC分類 404
  • Cコード C0011

出版社内容情報

【内容紹介文】
2020年度ノーベル物理学賞者ロジャー・ペンローズを筆頭とする量子力学の精鋭、ギリシャ哲学の巨人、日本の湯川秀樹や現代の天才たち、自然科学者、哲学者、心理学者、生理学者、作家ら58人の神観を紹介。
一流研究者の多くが、科学と宗教は対立しないと語り、それは科学者になくてはならない資質だとする数々の意見は、注目に値する。神観を通じて、その人となりに触れられるのも、本書の魅力の一つ。
また、本書はその神観を、伝統的宗教の人格神は信じないが宗教を受け入れるグループ、人格神を否定し理神を信じるグループ、印度哲学的「梵神」を研究するグループの3種に大別し、さらに過去から未来の神観を俯瞰している。 「神観」をめぐり世界では、時に殺人にまで発展し、片やわが国では神霊を信じるなどと言うと即座に怪しげな人物と烙印を押される。形而上学としての〈神〉は如何なる存在であるのか、人類の永遠のテーマであると言えるだろう。

本書に登場する主な人々
ロジャー・ペンローズ・・・2020年度ノーベル物理学賞者
ガリレオ・ガリレイ・・・望遠鏡を使って初めて本格的な天体観測を行なった
アイザック・ニュートン・・・万有引力の法則を発見し古典力学(ニュートン力学)を体系化した
エルヴィン・シュレーディンガー・・・「シュレーディンガーの猫」の思考実験で知られる
アルベルト・アインシュタイン・・・相対性理論など数々の業績のある天才
ヴェルナー・ハイゼンベルク・・・不確定性原理など量子力学に多大な貢献をなした
ピタゴラス・・・ピタゴラスの定理など数々の数学的な定理を発見した古代ギリシャの哲学者にして神秘主義者
プラトン・・・イデアという概念を提唱し西洋哲学の源流を築いた
ルネ・デカルト・・・すべてを徹底的に疑った後に考えている自分の存在だけが確かなことであるとして「われ思う、ゆえに我あり」と述べた
バールーフ・デ・スピノザ・・・人格神を否定し革新的な汎神論を説き現代哲学に大きな影響を与えた
カール・グスタフ・ユング・・・深層心理を深く分析し人間の無意識の奧底にはある人類共通の「元型」を示した
湯川秀樹・・・中間子の存在を予測し日本人で初めてノーベル賞を受賞した
デイヴィッド・チャーマーズ・・・脳や意識、心に関する分野をリードする現代哲学の旗手 など

【著者】
森上逍遥 もりがみ しょうよう
福岡生まれ。文筆家。思想家。中学・高校とミッションスクールの西南学院に通い、キリスト教教育を通して聖書と西洋思想に親しむ。高校卒業後、しばらく精神の放浪にて見聞を広めた後、立正大学仏教学部に特待生として入学。昭和54年度卒。卒論は『龍樹研究』で空観に於ける異蘊の解明を論じた。業界紙記者などを経た後アメリカに移住。地球世界の文化を見て歩き人間研究を行なう。後に帰国。著書に『侘び然び幽玄のこころ』『人生は残酷である』『タオと宇宙原理』『ループ 忘れ去られた記憶の旅』(桜の花出版)がある。

【目次】
はじめに
〈序章〉
渾沌とした社会
日本人の精神の頽廃
物理学者の神の肯定
世界観の変容
キリスト教から見た有神論
ファラデー研究所ロドニー・D・ホルダーの主張
素粒子の世界は不思議だらけ
物質の驚異の単純原理
四つの力の相互作用
ペンローズの量子脳理論
*ロジャー・ペンローズ Sir Roger Penrose
(1931~ イギリス 数理物理学者 数学者 科学哲学者)
*ハンス・ペーター・デュル Hans-Peter Durr
(1929~2014 ドイツ 科学者)
*ロバート・ランザ Robert Lanza
(1956~ アメリカ 医師 科学者 哲学者)
*ピーター・ラッセル Peter Russell
(1946~ イギリス 数学者 理論物理学者 実験心理学者)

〈本章〉
*マックス・プランク Max Karl Ernst Ludwig Planck
(1858~1947 ドイツ 物理学者 ノーベル物理学賞受賞)
*アルベルト・アインシュタイン Albert Einstein
(1879~1955 ドイツ/アメリカ 理論物理学者 ノーベル物理学賞受賞)
*エルヴィン・シュレーディンガー Erwin Schrodinger
(1887~1961 オーストリア 理論物理学者 ノーベル物理学賞受賞)
*マックス・ボルン Max Born
(1882~1970 ドイツ/イギリス 理論物理学者 ノーベル物理学賞受賞)
*ヴェルナー・カール・ハイゼンベルク Werner Karl Heisenberg
(1901~1976 ドイツ 理論物理学者 ノーベル物理学賞受賞)
*ポール・ディラック Paul Adrien Maurice Dirac
(1902~1984 イギリス 理論物理学者 ノーベル物理学賞受賞)
*ガリレオ・ガリレイ Galileo Galilei
(1564~1642 イタリア 物理学者 天文学者)
*アイザック・ニュートン Sir Isaac Newton (1642~1727 イングランド 数学者 物理学者)
*マイケル・ファラデー Michael Faraday
(1791~1867 イギリス 化学者 物理学者)
*ロバート・アンドリューズ・ミリカン Robert Andrews Millikan
(1868~1953 アメリカ 物理学者 ノーベル物理学賞受賞)
*ウィリアム・ヘンリー・ブラッグ William Henry Bragg
(1862~1942 イギリス 物理学者 ノーベル物理学賞受賞)
*アレクシス・カレル Alexis Carrel
(1873~1944 フランス 外科医 ノーベル生理学・医学賞受賞)
*グリエルモ・マルコーニ Guglielmo Marconi
(1874~1937 イタリア 発明家 ノーベル物理学賞受賞)
*アーサー・ホリー・コンプトン Arthur Holly Compton
(1892~1962 アメリカ 物理学者 ノーベル物理学賞受賞)
*イジドール・イザーク・ラービ Isidor Isaac Rabi
(1898~1988 アメリカ 物理学者 ノーベル物理学賞受賞)
*ジョン・カリュ―・エックルス Sir John Carew Eccles
(1903~1997 オーストラリア 神経生理学者 ノーベル生理学・医学賞受賞)
*ネヴィル・フランシス・モット Sir Nevill Francis Mott
(1905~1996 イギリス 物理学者 ノーベル物理学賞受賞)
*エルンスト・ボリス・チェーン Sir Ernst Boris Chain
(1906~1979 ドイツ/イギリス 生化学者 ノーベル生理学・医学賞)
*チャールズ・タウンズ Charles Hard Townes
(1915~2015 アメリカ 物理学者 ノーベル物理学賞受賞)
*クリスチャン・アンフィンセン Christian Boehmer Anfinsen
(1916~1995 アメリカ 生化学者 ノーベル化学賞受賞)
*デレック・バートン Sir Derek Harold Richard Barton
(1918~1998 イギリス 化学者 ノーベル化学賞受賞)
*ジョセフ・エドワード・マレー Joseph Edward Murray
(1919~2012 アメリカ 外科医 ノーベル生理学・医学賞受賞)
*アーサー・L・ショーロー Arthur L. Schawlow
(1921~1999 アメリカ 物理学者 ノーベル物理学賞受賞)
*ウォルター・コーン Walter Kohn
(1923~2016 オーストリア 理論物理学者 ノーベル化学賞受賞)
*フリーマン・ジョン・ダイソン Freeman John Dyson
(1923~2020 イギリス 理論物理学者 数学者 マックス・プランクメダル受賞)
*アントニー・ヒューイッシュ Antony (Tony) Hewish
(1924~ イギリス 電波天文学者 ノーベル物理学賞受賞)
*アブドゥッサラーム Abdus Salam
(1926~1996 パキスタン 物理学者)
*アーノ・アラン・ペンジアスArno Allan Penzias
(1933~ アメリカ 物理学者 ノーベル物理学賞受賞)
*吉川庄一 Yoshikawa Shoichi
(1935~2010 日本 原子力工学者)
*ロバート・ボイル Sir Robert Boyle
(1627~1691 アイルランド 物理学者)
*ヘンリー・F・シェーファー3世 Henry F. Schaefer III
(1944~ アメリカ 計算化学・理論化学者)
*ジョージ・フィッツジェラルド・スムート3世 George Fitzgerald Smoot III
(1945~ アメリカ 天体物理学者 ノーベル物理学賞受賞)
*ポール・デイヴィス Paul Davies
(1946~ イギリス 理論物理学者)
*ウィリアム・ダニエル・フィリップス William Daniel Phillips
(1948~ アメリカ 物理学者 ノーベル物理学賞受賞)
*フランシス・コリンズ Francis Collins
(1950~ アメリカ 遺伝学者 大統領自由勲章受賞)
*トニー・ロスマン Tony Rothman
(1953~ アメリカ 理論物理学者) *ジェームス・M・ツアー James M. Tour
(1959~ アメリカ 合成機化学者)
*ピタゴラス Pythagoras
(前570~前496 古代ギリシャ 数学者 哲学者)
*プラトン Plato
(前427~前347 古代ギリシャ 哲学者)
*ルネ・デカルト  Rene Descartes
(1596~1650 フランス 哲学者 数学者)
*ブレーズ・パスカル Blaise Pascal
(1623~1662 フランス 数学者 物理学者 哲学者)
*バールーフ・デ・スピノザ Baruch De Spinoza
(1632~1677 オランダ 哲学者)
*イマヌエル・カント Immanuel Kant
(1724~1804 プロイセン王国 哲学者)
*アルトゥル・ショーペンハウエル Arthur Schopenhauer
(1788~1860 ドイツ 哲学者)
*セーレン・キルケゴール Soren Aabye Kierkegaard
(1813~1855 デンマーク 哲学者 宗教思想家)
*ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン Ludwig Wittgenstein
(1889~1951 オーストリア 哲学者)
*ソール・A・クリプキ Saul Aaron Kripke
(1940~ アメリカ 哲学者 論理学者)
*ジークムント・フロイト Sigmund Freud
(1856~1939 オーストリア 精神医学者)
*カール・グスタフ・ユング  Carl Gustav Jung
(1875~1961 スイス 精神科医 心理学者)
*ピーター・ハリソン Peter Harrison
(1955~ オーストラリア 人文科学教授)
*レフ・トルストイ Lev Nikolayevich Tolstoy
(1828~1910 帝政ロシア 小説家)
*フョードル・ドストエフスキー Fyodor M. Dostoyevsky
(1821~1881 帝政ロシア 小説家)
*デイヴィッド・チャーマーズ David John Chalmers
(1966~ オーストラリア 哲学者)
*湯川秀樹 Yukawa Hideki
(1907~1981 日本 理論物理学者 ノーベル物理学賞受賞)

内容説明

2020年度ノーベル物理学賞者ロジャー・ペンローズを筆頭とする量子力学の精鋭、ギリシャ哲学の巨人、日本の湯川秀樹や現代の天才たち、自然科学者、哲学者、心理学者、生理学者、作家ら58人の神観を紹介。一流研究者の多くが、科学と宗教は対立しないと語り、それは科学者になくてはならない資質だとする数々の意見は、注目に値する。神観を通じて、その人となりに触れられるのも、本書の魅力の一つ。また、本書はその神観を、伝統的宗教の人格神は信じないが宗教を受け入れるグループ、人格神を否定し理神を信じるグループ、印度哲学的「梵神」を研究するグループの3種に大別し、さらに過去から未来の神観を俯瞰している。「神観」をめぐり世界では、時に殺人にまで発展し、片やわが国では神霊を信じるなどと言うと即座に怪しげな人物と烙印を押される。形而上学としての〈神〉は如何なる存在であるのか、人類の永遠のテーマであると言えるだろう。

目次

はじめに
序章
渾沌とした社会
日本人の精神の頽廃
物理学者の神の肯定
世界観の変容
キリスト教から見た有神論
ファラデー研究所ロドニー・D・ホルダーの主張
素粒子の世界は不思議だらけ
物質の驚異の単純原理
四つの力の相互作用
ペンローズの量子脳理論
ロジャー・ペンローズ
ハンス・ペーター・デュル
ロバート・ランザ

ピーター・ラッセル
本章(マックス・プランク;アルベルト・アインシュタイン;エルヴィン・シュレーディンガー;マックス・ボルン;ヴェルナー・カール・ハイゼンベルク;ポール・ディラック;ガリレオ・ガリレイ;アイザック・ニュートン;マイケル・ファラデー;ロバート・アンドリューズ・ミリカン;ウィリアム・ヘンリー・ブラッグ;アレクシス・カレル;グリエルモ・マルコーニ;アーサー・ホリー・コンプトン;イジドール・イザーク・ラービ;ジョン・カリュ―・エックルス;ネヴィル・フランシス・モット;エルンスト・ボリス・チェーン;チャールズ・タウンズ;クリスチャン・アンフィンセン;デレック・バートン;ジョセフ・エドワード・マレー;アーサー・L・ショーロー;ウォルター・コーン;フリーマン・ジョン・ダイソン;アントニー・ヒューイッシュ;アブドゥッサラーム;アーノ・アラン・ペンジアス;吉川庄一;ロバート・ボイル;ヘンリー・F・シェーファー3世;ジョージ・フィッツジェラルド・スムート3世;ポール・デイヴィス;ウィリアム・ダニエル・フィリップス;フランシス・コリンズ;トニー・ロスマン;ピタゴラス;プラトン;ルネ・デカルト;ブレーズ・パスカル;バールーフ・デ・スピノザ;イマヌエル・カント;アルトゥル・ショーペンハウエル;セーレン・キルケゴール;ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン;ソール・A・クリプキ;ジークムント・フロイト;カール・グスタフ・ユング;ピーター・ハリソン;レフ・トルストイ;フョードル・ドストエフスキー;デイヴィッド・チャーマーズ;湯川秀樹)

著者等紹介

森上逍遥[モリガミショウヨウ]
福岡生まれ。文筆家。思想家。中学・高校とミッションスクールの西南学院に通い、キリスト教教育を通して聖書と西洋思想に親しむ。高校卒業後、しばらく精神の放浪にて見聞を広めた後、立正大学仏教学部に特待生として入学。昭和54年度卒。卒論は『龍樹研究』で空観に於ける異蘊の解明を論じた。業界紙記者などを経た後アメリカに移住。地球世界の文化を見て歩き人間研究を行なう。後に帰国。著書に『侘び然び幽玄のこころ』『人生は残酷である』『タオと宇宙原理』『ループ 忘れ去られた記憶の旅』(桜の花出版)がある。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。