貧乏モーツァルトと金持ちプッチーニ―身近な疑問から紐解く「知財マネタイズ経営」入門 (改訂版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 218p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434263989
  • NDC分類 507.2
  • Cコード C0030

内容説明

なぜ、モーツァルトは名曲を多数生み出したのに貧乏で一生を終えたのか?なぜ、ピカソは7500億円以上もの資産を遺すことができたのか?なぜ、「くまモン」は海外からも版権使用許可が殺到しているのか?なぜ、「日本の苺」の技術は盗まれ220億円の損害が出てしまったのか?「知財ビジネス」で勝ち組になるためのヒントと新戦略!

目次

第1章 音楽と絵画に学ぶ金持ちと貧乏の才(華々しい天才音楽少年の質素な人生;落ちこぼれから駆け上がった成功への階段 ほか)
第2章 印税、商標、著作権が生むお金の話(夢に終わる、夢の印税生活;数億円の印税を稼ぐ金持ちプッチーニ流行作家たち ほか)
第3章 知財ビジネスモデルの勝ちパターン(ラーメン界のモーツァルト;あえて商標で縛らない「家系」という職人つながり ほか)
第4章 地域のアドバンテージをマネーに変える錬金術(最下位というナンバーワンを活かす;非公認貧乏「ゆるキャラ」と、愛されてお金も稼ぐ金持ち「くまモン」 ほか)
第5章 知的財産の価値が見えない日本企業(東大生による、東大合格のための塾の価値;誰も教えてくれない東大ブランドの活かし方 ほか)

著者等紹介

正林真之[ショウバヤシマサユキ]
正林国際特許商標事務所所長・弁理士。国際パテント・マネタイザー。特許・商標を企業イノベーションに活用する知財経営コンサルティングの実績は国内外1400件以上。1989年、東京理科大学理学部応用化学科卒業。1994年、弁理士登録。1998年、正林国際特許事務所(現・正林国際特許商標事務所)設立。2007年~2011年度及び2018年度、2019年度、日本弁理士会副会長を務める。また、2010年~2013年には東京理科大学専門職大学院(MIP)客員教授を、現在は東京大学先端科学技術研究センター知的財産法分野客員研究員及び、東京大学大学院新領域創成科学研究科非常勤講師等を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

5
約1年で新訂版となった。クラシックは好きでこの本を読んで久々にアマデウスを見たくなった。プッチーニ(イタリアの作曲家でトスカや蝶々夫人などの作品を世に出している)とモーツァルトの違いは、知財の使い方による。プッチーニも有名ではあるが、モーツァルトほどではない。しかし、両者の金銭的ポジションは全く異なり、プッチーニが知的財産の捉え方をしっかり持っており、モーツァルトはうまく知財を使いこなせていなかったらしい。弁理士の目線から音楽を読み解くのも面白さがある。2019/08/07

ぽんこつメーカー営業マン

0
知に勝るものはなし2021/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14240853

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。