わらべうたは死なず―どっこい生きている日本人の音楽性―千葉県船橋市のわらべうた調査から

個数:

わらべうたは死なず―どっこい生きている日本人の音楽性―千葉県船橋市のわらべうた調査から

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月21日 14時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 300p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434252198
  • NDC分類 388.91
  • Cコード C0073

内容説明

「かごめ」や「通りゃんせ」で遊ぶ子どもを見かけなくなって久しい。ところがどっこい、わらべうたは生きていた!比較総譜による膨大な楽譜を併録!1991年と2014年の2度の調査の詳細な報告の書!

目次

1 分析・考察編(調査・研究の目的と方法;わらべうたの音楽性1(音階)
わらべうたの音楽性2(リズム・他)
1から30までゆっくり数えると
わらべうたの影響
教育への指針)
2 楽譜編(比較総譜)(となえうた;えかきうた;まりつきうた;なわとびうた;じゃんけん グーチョキパーあそび;からだあそびうた;鬼あそび;替え歌)
0 番外 1から30までをゆっくり数える

著者等紹介

小出英樹[コイデヒデキ]
1958年、名古屋生まれ。千葉大学教育学部大学院修士課程修了。作曲を水野修孝氏、日本音楽学を樋口昭氏、ヴァイオリンを元東京都交響楽団の福島粲氏、音楽教育学を山本文茂氏に師事。本業の教育では小・中学校で音楽を担当するほか、総合的な学習の時間や国際理解教育の研究主任を歴任。各種研究会での提案多数。幅広い視野からの教育活動を行っている。教職の傍ら、作曲とアマチュアオーケストラの指揮者としての活動も長年続けている。弥生室内管弦楽団指揮者。市原フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者。両楽団を創設以来、今日まで継続的に30年近く指揮。近年は、千葉県内の市民オーケストラの指揮者も務め、2013年に八千代交響楽団、2014年と2015年に幕張フィルハーモニー管弦楽団、2016年に佐倉フィルハーモニー管弦楽団の公演を指揮(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。