新日本書記
倭の邪馬台国―日本とは何か‐奴国から邪馬台国終末期まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434246388
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0021

内容説明

卑弥呼はここに居た!邪馬台国の位置を探求し、大和国説により、「魏志倭人伝」正釈を確立。三世紀の考古学的問題を研究し、ユダヤ征服王朝説により、ヤマト王権との関係を解明。長大論文が学術問題の正答を導き出す。あなたの知性はこの歴史的革新を理解できるか?

目次

第1部 邪馬台国(倭の登場;面上王権;邪馬台国の位置;卑弥呼と邪馬台国;邪馬台国の歴史;邪馬台国の征服;征服者による歴史改変;銅鐸の末路)

著者等紹介

高木從人[タカキツグヒト]
出生地、東京都。1977年静岡県立沼津東高等学校卒業。1983年東京大学法学部卒業。地球星系社社主。応用物理学会会員(2018年現在)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

吉田健太郎

0
日ユ同祖論

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12887023

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。