飢餓と戦争・生存戦略の歴史―鉄のビック・バンと官僚国家の形成

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 245p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784434212895
  • NDC分類 209.3
  • Cコード C0122

内容説明

各文明の歴史には必ず混乱期があり、それは飢餓を伴う。飢餓とは人口増と食糧の増産の需給バランスの問題、生き残る工夫は移動と略奪。または食糧の発見と増産。移動には戦いが伴い、成否は軍事システムの優劣にあった。本書は古代史を飢餓と食糧増産、軍事システム、官僚制度などからとらえ考察、国家の存亡は何に起因するか解き明かす。

目次

第1章 飢餓と戦争
第2章 戦車と鉄器
第3章 アーリアとダスユの世界―インド文明
第4章 鉄のビッグ・バン
第5章 飢餓と官僚―メソポタミア文明
第6章 鉄と帝国(領域国家から統一国家へ)
第7章 古代中国の官僚制度の成立
第8章 官僚制なき分裂国家・ポリス―古代ギリシア
第9章 ナイルの恵みによる早熟な帝国―エジプト文明
第10章 結び

著者等紹介

浅井壮一郎[アサイソウイチロウ]
1940年台湾台北市生まれ。1963年東京大学農学部農芸化学科卒。農学博士。2009年早稲田大学第二文学部卒。A.G.F社取締役。ユニオン・ケミカル社(在フィリピン)社長。熊沢製油産業社長。現在、財団法人フィリピン協会監事、NPO法人海外資源活用協会顧問、古代史教養講座理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。