片岡弥吉全集<br> 踏絵・かくれキリシタン

個数:

片岡弥吉全集
踏絵・かくれキリシタン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月09日 23時54分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 378,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784434196362
  • NDC分類 198.221
  • Cコード C0321

内容説明

徳川幕府の二五〇年におよぶキリシタン弾圧―良心の虐殺ともいえる絵踏みを強いられた人々を描いた「踏絵」。仏教をかくれみのに信仰を伝承した人々、なかでも一八七三年のキリシタン禁令の撤廃後もなお、潜伏を続けた「かくれキリシタン」。キリシタンを根絶やしにした大村藩「郡崩れ」類族帳。片岡弥吉自身が収録し昭和四八年に発表した当時まだ残っていたオラショ。それら全てを収録。

目次

踏絵―禁教の歴史
かくれキリシタン―歴史と民俗
資料編(大村藩郡崩れ一件;隠れ切支丹とオラショ;おらしょ)

著者等紹介

片岡弥吉[カタオカヤキチ]
1908年長崎県生。日本大学卒。純心女子短期大学副学長、1980年2月21日没。著書「浦上四番崩れ」(1964年日本エッセイスト・クラブ賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。