中小企業の生き残り計画 基本編―あるべき「実抜計画書」の作り方

個数:

中小企業の生き残り計画 基本編―あるべき「実抜計画書」の作り方

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月23日 10時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 175p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434171260
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C0034

内容説明

いま中小企業はどうすればいい?銀行等を説得する「実抜計画書」が必要。考え方から実際の作成まですぐ役立つよう丁寧に解説。

目次

「金融円滑化法」が終わって(金融円滑化法が、つくられた経緯;金融円滑化法は、どのように実施されたか;金融円滑化法の、良かった点・悪かった点;金融円滑化法に変わる支援策)
「実抜計画」って何?(金融機関が求めている「実抜計画」;具体的なアクションプランの重要性)
実抜計画を作ろう!その1(まず、経営の全体をみなおす;経営の方向性を検証する)
実抜計画を作ろう!その2(抜本的なアイデアの創出;経営戦略の構築―内部環境、外部環境を分析し、戦略を立案する)
実抜計画を作ろう!その3(年度経営計画の策定;数値化計画作成ステップ ほか)
特別寄稿「中小企業金融円滑化法の終了と今後の中小企業支援策への対応」杉田利雄

著者紹介

杉田利雄[スギタトシオ]
株式会社エム・エム・プラン代表取締役。BFCA経営財務支援協会代表。大手情報処理会社にて、システムコンサルタント・マネージャー、情報センター長従事後1989年独立。企業向けにはマーケティング指導を得意とする一方、士業・コンサルタント向けには各種研究会を主宰し、商品力強化を支援している

山本広高[ヤマモトヒロタカ]
群馬大学工学部大学院卒業後渡米しMBA取得。外資系コンサルティング会社に勤務し、現在は経営財務支援協会取締役、鹿島興産株式会社情報企画室室長、一般社団法人新興事業創出機構理事。大企業から中小零細企業まで規模、業種を問わず、事業計画策定プロジェクトに携わっている

高橋章[タカハシアキラ]
1963年生。東京大学法学部卒業。メガバンク、一部上場ノンバンクの企画部門で、中小企業、個人に対する様々なファイナンススキームを商品化。2008年、サービサー会社を設立し代表取締役に就任、多くの事業再生案件に取り組む。2011年より経営財務支援協会取締役(経営支援本部担当)として、全国の再生案件を手掛けるほか、士業・コンサルタント等による中小企業支援が進むためのマーケティング活動にも従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)