がん細胞を正常細胞に戻すCDC6shRNA治療

個数:

がん細胞を正常細胞に戻すCDC6shRNA治療

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月22日 13時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434159251
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C0077

内容説明

「CDC6shRNA治療」は、がんを敵と見なさず、がんの無限増殖能を消去し、もとの正常細胞の状態に戻すことを目指した遺伝子治療の一つと言える。

目次

1 がんの現状
2 新たながん治療の可能性
3 外科医としての限界・進行がん患者と医療の重大なギャップ・がん治療の問題点を、ほぼ同時に痛感することになった
4 がんの発生/特性
5 がんの遺伝子治療からCDC6shRNA治療へ
6 「サイエンス」「ネイチャー」「セル」などに掲載された基礎論文を読む
7 日本におけるCDC6shRNA治療の現状

著者紹介

阿保義久[アボヨシヒサ]
1993年東京大学医学部卒。1993年東京大学医学部附属病院第一外科勤務、虎ノ門病院麻酔科勤務。1994年三楽病院外科勤務。1997年東京大学医学部腫瘍外科・血管外科勤務。2000年北青山Dクリニック開設。2010年東京大学医学部腫瘍外科・血管外科非常勤講師。所属学会:日本外科学会、日本血管外科学会、日本消化器外科学会、日本脈管学会、日本大腸肛門外科学会、日本抗加齢学会(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)