世界文学の扉をひらく―第三の扉 奇怪なものに遭遇した人たちの物語

個数:

世界文学の扉をひらく―第三の扉 奇怪なものに遭遇した人たちの物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年03月29日 07時04分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 278p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784434156892
  • NDC分類 902.3

内容説明

奇怪なもの、怪奇なものとはなにか。それは不意に出現する。そのとき人々はどのようにふるまうのか。世評高い五つの物語が照らし出す、奇怪なものとの五つの出会い。

目次

第1章 首が飛んでも動いてみせるわ―魯迅作『眉間尺』
第2章 ドアの向こうに立って―W・W・ジェイコブズ作『猿の手』
第3章 失われたものはなにか―J・G・バラード作『溺れた巨人』
第4章 海の魔物とたたかう―ヨナス・リー作『エリアスとドラウグ』
第5章 誰にもそれが分からない―ウォートン作『あとになって』

著者紹介

立野正裕[タテノマサヒロ]
1947年、福岡県生まれ。岩手県立遠野高等学校を卒業後、明治大学文学部(英米文学専攻)に進み、さらに同大学大学院(文学研究科修士課程)を修了。現在、同大学文学部教授。専攻は近現代の英米文学だが、日本の戦後文学についても評論活動をおこなう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)