パレスチナ音楽日記

個数:
  • ポイントキャンペーン

パレスチナ音楽日記

  • 阿部 真也【著】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • 群青社(2011/05発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 32pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 15時05分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 149p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784434156427
  • NDC分類 760.7

内容説明

未来を奪われた子どもたちが喜々として見知らぬ楽器をつまびく―その時、死をも覚悟してパレスチナに渡った若き指揮者の全身に、音楽が降り注いだ。

目次

銃に石つぶてで立ち向かう子どもたち
希望(メィルナ・アル・アジード)
エドワード・サイード音楽院
音楽院の子どもたち
僕は音楽家になりたい(ラムジー・ショーマリ)
どこであれ存在できる音楽のために(アレスティア・ミットチェル)

著者紹介

阿部真也[アベシンヤ]
1980年生まれ。幼少よりピアノを、13歳よりヴァイオリンを始める。北海道インターナショナルスクール在学中の18歳の春、同校音楽教師の勧めにより渡米。2004年、サンフランシスコ音楽院ヴァイオリン・ヴィオラ科修了。2005年11月よりドイツはドレスデンに移住。オーケストラ奏者としての研鑽を積みながら指揮者としての研鑽も積む。2006年、スペインのコルドバで開催された国際指揮者コンクール3位入賞。その後、ヨーロッパ各地での指揮者セミナー、講習会で優秀な成績を収め、ディプロマ等を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)