岩元学説 邪馬台國への道

個数:

岩元学説 邪馬台國への道

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月25日 13時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 417p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434156281
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0021

内容説明

「邪馬壹國、女王之所都」の言葉が本当に意味するものとは…。北京大学医学部名誉顧問・岩元正昭が、永年の緻密で精確な研究を元に日本古代史学会に警鐘を鳴らす。

目次

第1部 倭人伝物語の趣意を劇的に変えた七つの古代漢字―倭人伝行程叙述の解読に不可欠な漢字知識(北京大学日本研究中心編『日本学』(中国世界知識出版社)に掲載された筆者の倭人伝原文の六つの漢字解釈
「都」の一字が導く卑彌呼遷都の事実)
第2部 邪馬台國と卑彌呼(倭人伝原文を読む前に;『魏志』倭人傳の行程叙述部の原文解読;原文が描く三つの地図;邪馬台國への道;強かなる卑彌呼外交と倭の五王)
第3部 卑彌呼の子孫と「倭の五王」(二系統三王朝の認識理由;岩元式年代測定法;「倭の五王」の解明;皇紀某年と言う概念は古代中国の「蔀法」を基に造られた)

著者紹介

岩元正昭[イワモトマサアキ]
1943年生まれ。北京大学医学部名誉顧問。真説魏志倭人伝研究会主宰及び講演会講師。漢字を楽しむ会、古代史研究会、主宰及び講演会講師。梶山産業株式会社社主。東京大学史学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)