ころばぬ先の家庭教育―長期不登校になる前に学んでおきたい親の対応法 中学生編

個数:

ころばぬ先の家庭教育―長期不登校になる前に学んでおきたい親の対応法 中学生編

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 269p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434155598
  • NDC分類 379.9
  • Cコード C0095

内容説明

大きく反響・支持を広げた「小学生編」に続く待望の「中学生編」。家庭教育カウンセラーとしての豊富な実践体験をもとに、子どもたちが直面した現実と、親子関係の悩みを、具体的に分かりやすく「解決」へ導きます。

目次

1 ころばぬ先の家庭教育 中学生編
2 親のカウンセリングマインドとは(家庭内対応 基本編)
3 家庭ノートチェック法とは
4 親の対応の引き出しを増やす(家庭内対応 応用編)
5 中学生の家庭教育支援の実際(中学生の子を持つ親からの手紙)
6 ケーススタディーQ&A
7 家庭力アップのサポート

著者紹介

水野達朗[ミズノタツロウ]
訪問カウンセラーとして多くの不登校児童と関わり復学へと導く。その後、家庭教育カウンセラーとして不登校問題だけではなく家庭内暴力や親子問題の相談を受け解決へと導く。京都の教育機関である『中間法人衆義家庭教育セクション』の代表カウンセラーを経て、現在、『家庭教育支援センターペアレンツキャンプ』の代表カウンセラーを務める。また『家庭教育推進協会』の理事としても活躍中。所属団体:家庭教育推進協会、日本教育カウンセリング協会、全国Webカウンセリング協議会(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)