格差・貧困・無縁がきた道―米ベストセラー『ジャングル』への旅

個数:
  • ポイントキャンペーン

格差・貧困・無縁がきた道―米ベストセラー『ジャングル』への旅

  • 松田 裕之【著】
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 朱鳥社(2011/04発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 24pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 04時10分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 149p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434155499
  • NDC分類 933

内容説明

まじめに働いているのに人間らしい生活にはほど遠く、生きていくのが精一杯。そんなワーキングプア層を増殖させる原因は何か。19世紀、産業都市シカゴでの辛く苛酷な労働を描いたアメリカの長編小説『ジャングル』。そのダイジェスト版として著者が訳出し、問題提起する。貧困問題や格差社会を考えるテクストに最適。

目次

プロローグ―現在からシカゴへ
1 新世界に群れ集う人びと「俺ぁ一代で富豪になる」
2 食肉工場のスケッチ「豚に生まれなくてよかった」
3 草も木もない密林「なっちゃいねぇ、何もかも」
4 煉獄へと続く道「俺も所詮は豚だったのか」
エピローグ―シカゴから現在へ

著者紹介

松田裕之[マツダヒロユキ]
1958年大阪府豊中市生まれ。松商学園短期大学(現松本大学松商学園短期大学部)、産能短大、放送大学、関西学院大学、甲子園大学などで経営関連ならびに情報通信関連の講義を担当。現在、神戸学院大学経営学部教授。博士(商学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)