広島経済大学研究双書<br> こちらはFMハムスター―地域コミュニティの未来を担う小さな一歩

個数:

広島経済大学研究双書
こちらはFMハムスター―地域コミュニティの未来を担う小さな一歩

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 183p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434155468
  • NDC分類 699.217
  • Cコード C0055

目次

第1章 地域に生きる大学(さまざまな地域活動の実践;共同研究「大学が地域社会に果たす役割の再構築と実践」 ほか)
第2章 生みの苦しみ(総務省の協力;文部科学省の考えと理解 ほか)
第3章 FMハムスターの開局(2009年3月26日(予備免許の交付)
2009年5月11日(本放送開始) ほか)
第4章 小さく産んで大きく育てよう!(運営上の課題;財務上の課題 ほか)
第5章 特別寄稿(パーソナリティからのレポート)

著者紹介

松井一洋[マツイカズヒロ]
広島経済大学経済学部メディアビジネス学科教授。専門は、企業広報論、災害情報論。自治体や各種市民講座講師、地域防災・防犯活動のコーディネーター、防災士養成講座講師などをつとめる。現在、安佐南区まちづくりビジョン推進委員長として、地域コミュニティの未来に夢を馳せている

長谷川泰志[ハセガワヤスシ]
広島経済大学経済学部メディアビジネス学科教授。日本出版史専攻。大学周辺情報誌「いっぽ」や「祇園ポストカード」を制作発行するなど、地元自治体や出版メディアとの協働を通して学生参加型の街づくりを目指している

古本泊[フルモトトマル]
広島経済大学経済学部メディアビジネス学科教授。広島の民放局で、技術、総務局、を経て監査役、取締役を歴任、退任後2007年4月から現職。専門はメディア技術論、映像と音声による表現など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)