信州の草原―その歴史をさぐる

個数:

信州の草原―その歴史をさぐる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年07月24日 14時16分現在)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 175p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434155413
  • NDC分類 454.65

内容説明

縄文から現代まで人間は草原とどうかかわってきたのか。国内有数の森林率を誇る長野県を中心に、地理学・土壌学・植生史学・林学・考古学・歴史学・生態学など各分野の専門家が、さまざまな角度から考証。

目次

まえがき―草原と人間
序章 なぜ信州の草原なのか?
第1章 土壌に残された野火の歴史
第2章 草原と火事の歴史―阿蘇の研究から
第3章 土石流により現れた縄文と古代―埋没性黒色土層
第4章 八ヶ岳山麓・霧ヶ峰周辺における縄文・中世の陥し穴
第5章 狩猟神事の盛衰
第6章 長野県におけるニホンジカの盛衰史
第7章 霧ヶ峰におけるニホンジカによる植生への影響

著者紹介

湯本貴和[ユモトタカカズ]
総合地球環境学研究所

須賀丈[スカタケシ]
長野県環境保全研究所(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)