放課後怪談部

個数:
  • ポイントキャンペーン

放課後怪談部

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月11日 09時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 263p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434154706
  • NDC分類 147
  • Cコード C0093

内容説明

ふとした暗がりで見えてしまった奇妙な影。電話の向こうから聞こえてきた不気味な言葉。「怖い話」の新たな可能性を追求する気鋭の怪談テラー・吉田悠軌が5年の歳月をかけて日本各地から聞き集めた六十編の実話怪談集。

目次

怖い話をしましょう。
足が重い
居残り
窓の外
よじのぼり
お邪魔
オタマジャクシ
閉まらずの扉
穴の奥
怪談は、隙間に生まれるものです。〔ほか〕

著者紹介

吉田悠軌[ヨシダユウキ]
1980年、東京生まれ。怪談サークル「とうもろこしの会」会長。卓越した話術を持つ気鋭の怪談の語り部として、映画やテレビなどメディア出演多数。怪談の新たな境地を開拓すべく、ライブイベント「吉祥寺怪談」「五反田怪団」を主催し、執筆活動やネットラジオ「僕は怖い」など多方面で精力的に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)