世界美術×文学全集<br> 中村玄「おんな」×林芙美子「放浪記」(初出)

個数:
  • ポイントキャンペーン

世界美術×文学全集
中村玄「おんな」×林芙美子「放浪記」(初出)

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 197p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434153273
  • NDC分類 717

内容説明

石膏の白肌に命を吹き込む彫塑家・中村玄と、瑞々しい感性で言の葉を紡ぐ作家・林芙美子による、“女性”をキーワードにした心を軋ませるようなコラボレーション。現代において高い評価を得る連載当時の初出版「放浪記」に、中村のイマジネーションの結晶たる「おんな」たちが生々しくも華麗に交差する。

著者紹介

中村玄[ナカムラフカシ]
1931年、長崎県出身。92年、彫刻家・松本隆司に師事。第1回美庵大賞展最優秀作家賞・藝術出版社賞受賞。現在、医師として診療に従事しながら彫塑制作を続ける。個展も精力的に行なっている

林芙美子[ハヤシフミコ]
1903年5月ころ、福岡県門司市に生まれる。22年、尾道高等女学校を卒業後、上京、事務員・女工・女給などの職を転々としながら詩を書きはじめる。28年10月『女人藝術』に「秋が来たんだ―放浪記」の連載を開始、この連載を元に改造社から30年7月に新鋭文学叢書の一冊として刊行された『放浪記』はベストセラーになった。51年6月死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)