• ポイントキャンペーン

センター試験―その学力に未来はあるか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 292p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434152931
  • NDC分類 376.8

内容説明

高校生のほとんどが巻き込まれ、“国民的行事”ともなっている大学入試センター試験。しかし、その下で、高等学校教育は大きくゆがめられ、大学入試センター試験を受けて大学に入学してきた学生の学力は、どんどん摩滅している。これまで、誰も指摘してこなかった大学入試センター試験の実態を、高校進路指導の現場から告発し、大学入試制度の抜本的改革を提言する。

目次

第1章 あの手この手の受験生獲得
第2章 高校生の学力低下とその原因―大学入試改革は日本の未来を左右する教育問題である
第3章 センター試験の罪状―大学入試史上最悪の“陰の番長”を葬ろう
第4章 推薦・AO入試は高校教育の教育力を低下させる
第5章 センター試験問題を解いたこと、ありますか?
第6章 大学関係者はこう考えている
第7章 “獲る入試”から“育てる入試”へ

著者紹介

谷口典雄[タニグチノリオ]
1957年、福井県生まれ。京都大学教育学部卒業後、福井県に戻り、県立高校教諭として勤務。現在の勤務校は福井県立足羽高等学校

山口和孝[ヤマグチカズタカ]
1948年、広島県生まれ。国際基督教大学大学院博士課程満期退学。現埼玉大学教育学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)