学校体育におけるボールゲームの指導論―学習内容の開発研究

個数:
  • ポイントキャンペーン

学校体育におけるボールゲームの指導論―学習内容の開発研究

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 255p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434152894
  • NDC分類 375.49

目次

序章 研究課題
第1章 ボールゲームの分類
第2章 ボールゲームの課題
第3章 バスケットボールの授業における学習内容の開発
第4章 ボールゲーム授業における学習集団
第5章 児童の遊戯集団
第6章 チーム内ゲームと学習意欲
第7章 実践的検討
第8章 修正ゲームへの疑問
結章 研究の成果と課題
巻末資料

著者紹介

土田了輔[ツチダリョウスケ]
1966年8月埼玉県生まれ。1990年3月筑波大学体育専門学群卒業、学士(体育学)。1992年3月筑波大学大学院修士課程体育研究科修了、修士(体育学)。1992年4月筑波大学体育センター文部技官。1993年4月上越教育大学学校教育学部助手。2000年1月上越教育大学学校教育学部講師。2002年4月上越教育大学学校教育学部助教授。2007年4月上越教育大学大学院学校教育研究科准教授。2009年3月新潟大学大学院現代社会文化研究科修了、博士(教育学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)