イギリス魔法衰退史―一六五〇年~一七五〇年

個数:

イギリス魔法衰退史―一六五〇年~一七五〇年

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 368p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784434152399
  • NDC分類 147.1
  • Cコード C3022

内容説明

魔法を信じることをなぜ、どのように、そしていつからばかばかしいものと考えるようになったか―イギリスの市民と政治の歴史、および名だたる知識人の間で延々と語り継がれ論争されてきた魔法史における当否両論を初めて、相称的に生き生きと分析・解読した一冊。

目次

第1章 契約
第2章 トマス・ホッブズ
第3章 復活した魔法
第4章 伏魔殿
第5章 党派主義
第6章 最後の論戦?
第7章 余生
第8章 廃止
第9章 海外の魔法
最終章

著者等紹介

ボストリッジ,イアン[ボストリッジ,イアン][Bostridge,Ian]
1992年~1995年、オックスフォード大学コーパス・クリスティ・カレッジにおけるブリティシュ・アカデミー博士研究員。1995年からプロのオペラおよびコンサート歌手

木邨和彦[キムラカズヒコ]
1946年1月東京生まれ。1968年3月上智大学法学部法律学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。