さいたまの近代文学

個数:

さいたまの近代文学

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784434151545
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0095

内容説明

明治・大正・昭和期を中心に、埼玉にゆかりの深い文学者(小説家、詩人、歌人、俳人)28名を取り上げて論じた書。作品の舞台になっている地も具体的に紹介、文学散歩の手引きとしても役立つ一冊である。

目次

太田玉茗―最後の新体詩
田山花袋(一)―平野に埋もれた明治の青春
田山花袋(二)―新しい紀行文
前田夕暮―奥秩父の原生林に憧れて
若山牧水―源流への想い
武者小路実篤―この道よりほかに
三ヶ島葭子―命を削る歌
長谷川かな女―近代女流俳句の先駆け
北川千代―たたかいとしての少女小説
蔵原伸二郎―飯能の清流に息づく詩人〔ほか〕