「ちょうどの学習」×「ちょうどにする指導」―ケアとしての教育を求めて

個数:

「ちょうどの学習」×「ちょうどにする指導」―ケアとしての教育を求めて

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 565p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434151514
  • NDC分類 370.4

内容説明

「個人別教育」のほんとうの意味と方向性がいま、ここに明らかになる。公文式教室の指導者有志とともに歩んできた十有余年の実践が、「ちょうどの学習」の具体像とともに、「自学自習・個人別教育」の真の姿を解き明かす。「基礎基本」の教育に迷走する教育現場に、まったく新しい角度からの提言をおこなう。

目次

1 「特別研究生」、その後(教育の「現場」とは;公文公氏の最後のメッセージ、「特別研究生」 ほか)
2 これからの教室はどう創るか(どこに価値をおいた教室をつくるのか;幼児教育は幼児期だけのものか ほか)
3 自学自習と教材の力(「自学自習」についての見方の違い;しつけか準備か ほか)
4 自己を創造する―学年の枠をのりこえて(子どもの商品価値を高める教育;教育改革の行方 ほか)

著者紹介

村田一夫[ムラタカズオ]
1947年滋賀県生まれ。慶応大卒。公文式の創設者公文公氏に学び、教材制作に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)