黄金の枝を求めて―ヨーロッパ思索の旅・反戦の芸術と文学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 322p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784434131820
  • NDC分類 904
  • Cコード C0098

内容説明

なんのために若者たちは死ななくてはならなかったのか。ヨーロッパ大戦の戦跡を歩き、旅のなかで考える。

目次

それは一兵士の声明から始まった
第1部 彼方からの伝言―イギリス、イタリア、スペイン(辱められた夜にぼくは立ち会っている;黄金の枝を求めて―フレイザー、ターナー、カロッサ;ピレネーの尾根を越えて―ヘミングウェイ、プレスバーガー、ピカソ)
第2部 眠れぬ魂との対話―ベルギー、フランス、スイス(フランドルのもがり笛;罌粟の花を探して―マンスフィールド、マクレー、サスーン;烏のいる風景―リルケ、オーウェン、ベイトソン)
第3部 未来に生きる者への委託―イタリア、ベルギー、フランス(残された者の追憶のなかに;真夜中の兵士たち―キプリング、オーウェン、ロングスタッフ;森のなかの墓地へ―マンスフィールド、リルケ、カロッサ)
黄金の谷間にて

著者等紹介

立野正裕[タテノマサヒロ]
1947年、福岡県生まれ。明治大学文学部教授。専攻は近現代英米文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

エリンギ

0
著者の明治大学における最終講義は2017年3月11日に開講された。このときされた話というのと、この本に収録された各篇の内容は大幅に重なるところがある。 はじめての研究旅行で訪れたイギリス・スコットランドとベルギーのフランドル地方で、著者は運命的な光景に出会った。2021/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1194639

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。